ペストコントロール

ニュースリリース

BASFの「xarvio® FIELD MANAGER」とクボタの「KSAS」間のシステム連携を開始し、水稲生産者の収量と生産性向上を実現

全国農業協同組合連合会(東京都千代田区、以下「JA全農」)・㈱クボタ(大阪市浪速区、以下「クボタ」)・BASF デジタルファーミング社(ドイツ)および、BASFジャパン株式会社(東京都中央区、以下、両社を総称して「BASF」)は、JA全農とBASFが国内において開発・推進する栽培管理支援システム「xarvio® FIELD MANAGER(以下、ザルビオ® フィールドマネージャー)」とクボタが開発・推進する営農支援システム「KSAS(クボタスマートアグリシステム)」のシステム連携を進めてきました。この度、実証試験の成果を踏まえて、2024年3月19日(火)にシステム連携機能のサービス提供を開始します。

BASFジャパン、Jクレジットのプロジェクト運営事業者と提携し、xarvio® FIELD MANAGERを活用した水稲生産者のJクレジット申請をサポート

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石田 博基、以下「BASF」)は、2024年の水稲の栽培シーズンより、栽培管理支援システム「xarvio® FIELD MANAGER(ザルビオ® フィールドマネージャー)」を活用した農業者のJクレジット申請をサポートします。

BASFとIRRI、イネの栽培システムにおけるカーボンフットプリント削減に向け提携

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)とInternational Rice Research Institute (国際稲研究所、本部:フィリピン・ラグナ州ロスバニョス、以下「IRRI」)は、イネの栽培システムにより排出される温室効果ガス(GHG)を削減するための科学的提携を結びました。「OPTIMA Rice(Optimizing Management for Reduction of GHG in Rice)」と名付けられたIRRIとの取り組みは、2030年までに作物生産量1トン当たりのCO2e(二酸化炭素換算値)排出量を30%削減するというBASFの目標を支えるものです。この共同での取り組みは、フィリピンの複数の稲作シーズンにわたって計画されており、両組織のイネ研究拠点があるラグナ州で実施される予定です。

xarvio® Digital Farming Solutions、CNHとの連携で生産者のための デジタルプラットフォームの選択肢を拡大

ドイツの総合科学メーカーBASFの子会社であるBASFデジタルファーミング社(本社:ドイツ)のxarvio® Digital Farming Solutions(ザルビオ® デジタル ファーミングソリューションズ)は、xarvio® FIELD MANAGER(ザルビオ® フィールドマネージャー)をCNH Industrial社(シーエヌエイチ・インダストリアル、本社:英国、以下「CNH」)のグローバルで運用するプラットフォームと連携することで、農業者がアクセスできるデジタルプラットフォームの選択肢を拡大しました。

BASFジャパン、サステナビリティに貢献する果樹向け新規殺菌剤2製品を上市

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石田博基、以下「BASFジャパン」)は、2月14日、「ベランティー®フロアブル」の販売を開始しました。また、3月中旬より「ロンセラー®フロアブル」の販売を開始し、果樹生産者向けの殺菌剤製品ラインナップを拡充します。どちらもBASFが独自に開発した有効成分を含有しており、作物品質の向上・収量安定に貢献します。

BASF、ブラジルでxarvio® Agro Expertsプログラムを開始し、デジタル農業技術の普及を拡大

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、先進的な作物栽培最適化プラットフォーム、xarvio® FIELD MANAGER(ザルビオ® フィールドマネージャー)を通じて、独立系の農学コンサルタントと生産者を結びつける革新的なプログラムをブラジルで開始しました。

BASF、「第13回農業WEEK」にて、スマート農業支援ツール、xarvio® FIELD MANAGERの成功事例と、拡大するパートナーシップを紹介

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石田 博基)は10月11日~13日、幕張メッセで開催される「第13回農業WEEK」に出展します。BASFのxarvio® デジタルファーミング(xarvio®)技術を活用した生産者の収量アップとコストダウンの成功例と、xarvio®のパートナーシップの拡大について紹介します。JA全農および農機メーカーとのパートナーシップが生産者に有益な、統合されたスマート農業システムの構築につながっています。

BASF、60万人の月間訪問者を抱える「minorasu」で水稲生産者向けのコンテンツ「komeney 米で儲ける方程式」を提供開始

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区)は、2023年8月8日、農業経営トピックを扱うメディアである「minorasu(ミノラス)」において、新情報サービス「komeney (コメニー) 米で儲ける方程式(以下「komeney」)」をリリースしました。「米」と英語の「money(お金)」にちなんで名付けられたこの新しいコンテンツは、水稲生産者により良いサービスを提供するBASFアグロソリューション事業部の戦略の一環で、生産者の農業所得の最大化を支援することを目的としています。

ONE SMART SPRAYと農業機械メーカーのAGCO、散布機シリーズFendt RogatorにONE SMART SPRAYの技術を搭載

ドイツの総合化学メーカーBASFの子会社、ONE SMART SPRAY社(ワン スマートスプレー 、本社:ドイツ)とAGCO社(アグコ、本社:米国)は、2024年から南北アメリカと欧州で、AGCOの散布機シリーズFendt Rogator(フェント ロゲーター)にONE SMART SPRAYの技術を搭載しAGCOが提供を開始することを発表しました。

Bosch BASF スマートファーミング社、新たなブランド名「ONE SMART SPRAY」を発表

Bosch(以下「ボッシュ」)とドイツの総合化学メーカーBASFの子会社、BASFデジタルファーミング社(本社:ドイツ)の合弁会社であるBosch BASF スマートファーミング社(本社:ドイツ 以下「BBSF」)は、新ブランド名「ONE SMART SPRAY(ワン スマートスプレー)」を発表しました。